仕掛図

カワハギ

  • カワハギ仕掛図
    《船長より》
    ◇竿:カワハギ竿は各メーカで多種多彩なものが出ています。釣り方によって使い分けてみるのも楽しいですね。
    ◇集寄:中オモリ型や旗型、タコベイト等を使用して下さい。
    ◇仕掛:ハリス止めタイプは、上から差し込むタイプがオススメ。(直結タイプでも可)

カサゴ

  • カサゴ仕掛図
    《船長より》
    魚がかかると、胴に乗るような六・四調の竿がベスト。カワハギ竿のような硬い竿は、はねてしまうので×です。魚が食い込むまで、合わせる必要はありません。

夜メバル

  • 夜メバル仕掛図
    《船長より》
    メバルは、向う合わせの釣りなので、当たりが有ってもなかなか掛らない場合は、ゆっくりと竿先を上げて誘いをかけると、ギューと食い込みます。
    食い込みを考えると、竿先の硬いものはハネてしまうのでなるべく柔らかい物の方が良いと思います。

アマダイ

  • アマダイ仕掛図
    《船長より》
    竿は、1.8~2.4m程度のものが良いでしょう。
    置竿ではダメです。手持ちでオモリが底に着いたら、50cmほど棚を取り1m程度、竿をあおる様に誘いをかけてやると途中でアタリが出ます。マメに棚を取り直してください。

アジ

  • アジ仕掛図
    《船長より》
    東京湾、特に久里浜沖のアジは、脂が乗って最高です。グルメの方はぜひチャレンジして下さい。
    仕掛け」は、幹糸が2~3号を使用して下さい。

アオリイカ&スミイカ

  • アオリイカ&スミイカ餌木
    アオリイカ&スミイカ スッテ
    《船長より》
    餌木、及びスッテはピンクかオレンジがおすすめ!
    潮色によって当たりカラーが違ってくるので何種類かそろえるといいですよ!!
コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ